まーさんのブログ
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Others


まーがコーチングを受けている宇野ひろみさんのメルマガはここから登録できます。(^-^)/
ヨガのコーチを目指すなら!ここ!
見に来てくれてありがとう!
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
発達障害児の生活デザインワークショップに参加しました!
2018/03/18 07:37
おはようございます。(#^.^#)
まーです。


昨日は、宙★りすさん主催の講座に参加してきました。


「発達障害児の生活デザインワークショップ」

講師は水野敦之先生!

フレームワークでおなじみの水野先生です。





青い方が1、緑の方が2となってます。

必要なことが大変わかりやすくまとめられている書籍で、私はあきちゃんの支援にも必ず使っている本です。


一押しな書籍なので、まだお持ちでない方はポチっとしてくださいね。(#^.^#)




本は敷居が高いと思われる方は、水野先生のメルマガがおススメです。
無料だし、ダウンロードできるシートもつけてくださってますので、メルマガ登録してみてください。

水野先生のお話しは、理にかなっているので私は大好きなんです。




発達障害をもつ子供たちは、ときに私たちには理解できない行動をとりますが、なぜ、そのような行動になるのかを丁寧に解説してくださって、では、何を目標にして、どう関わっていくのかをさまざまなシートに書き込んでいき、支援の流れや具体的に何をするのかがわかるようにしてくださってます。



みなさんは、こんな言葉聞いたことないですか?


老子の言葉「授人以魚 不如授人以漁」
日本語で「人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける」

英語で「Give a man a fish and you feed him for a day. Teach him how to fish and you feed him for a lifetime.」


私はあきちゃんの幼少期は問題行動だらけで(今は彼女の様々な行動が問題だとは考えなくなりましたが、25年前ぐらいは、あまりにも日常が大変すぎて問題行動だ!と考えてました。(*≧∀≦*))

あきちゃんが強度行動障害になるのは嫌だ!幸せを感じて生きて欲しい!と強く願うのに、あまり時間はかからなかったように思います。


じゃ、あきちゃんが幸せに生きていくためには、私は何をしたらいいんだろう、と考えて学んできました。


ゴールは、自立と共存。
生活の中で楽しみを持ちながら、自己成長して、達成感や充実感を感じながら過ごして欲しいと願ってます。


そのための仕組みを生活の中に作るのが私の役割。



そんな私の考え方と水野先生の考え方はたくさんたくさん響きあうんです。


昨夜は懇親会、そのあとのお茶会にも参加させていただき、水野先生の横に座らせていただき、エネルギー高い!状態での時間を過ごさせていただきました。





一緒にいたお母さんや支援者さんたちの質問に丁寧に丁寧に、受け止めやすい言葉を選びながら話しをされてる水野先生、たまにお茶目な表情も見せてくださって私たちをリラックスさせてくださってました。






支援と指導の両輪で、子供たちの育ちをサポートできるようになれば安心ですよね。(#^.^#)




半年に一度は書き直す、障害特性シート

さっそく、今日あきちゃんの状態を書き出して整理しておきます。



主催の宙★りすの皆様、講師の水野先生、共に学んだ皆様ありがとうございました。



さーて、今日もやりたいことしっかりやって頭スッキリ自分をご機嫌様にしたいと思います。







水野先生にサインしていただきました!(#^.^#)

はじめる 続ける??


そのために、自分の頭の整理からね。

あなたは何が目標ですか?

台所の再構造化
2018/03/13 21:54
こんばんは!
まーです。


日常生活の中には、あきちゃんが学べる活動がたくさんあります。


機能的な活動!わかりますか?






あきちゃん、おうちでは家事と運動、余暇などを少しずつバリエーションを増やしてます。



以前から、取り組みたかった料理も手伝ってもらう状態から、自立的な活動へと取り組みしてましたが、どうも動き方がうまくいかなくて、物理的構造化から見直してみました。



再構造化はこんな感じになりました。



1、冷蔵庫から食材を出して洗う


2、皮をむいたり、切ったり、煮たり、焼いたり


3、和えたり、食器棚から食器を出して盛り付けしたり


4、配膳します。


5、折りたたみ式の洗い桶と折りたたみの水切りトレーを流しにセットして食器を洗い、拭いて食器棚に戻します。


ぐるりと一回りしたら、食事の準備から片付けまでとなります。

最初と終わりにテーブル拭きや、最後はゴミ捨ても手順にいれてます。


メニューを選んだり、メニューにそって食材の買い物や、おやつ作り、コーヒー点ててもらったりもやりたいと思ってます。






楽しみ(^^)




あ、お鍋などは、流し台に立つと後ろに配置してあります。





もちろん、位置は決めてあり、ネームプレートが貼ってあります。


住所不定無職の方はいません。(笑)


家事は、毎日活動として取り組めます。
みなさんもいろいろチャレンジしてみてくださいね。









生活支援見せますワークショップ
2018/02/26 20:04
こんばんは、まーです!

新しい生活も落ち着いてきたので、我が家の生活支援見せますワークショップ3月から再開したいと思います。





生活空間での様々な支援がどうつながるのか、基本となる支援は?そのあたりを実際の生活の場を見ていただきながら、説明をします。




トランジションの位置の決め方、スケジュールやカレンダーはなにをどのように使うのか?

コミュニケーションの表出の支援は?

課題になる行動の教え方は?

ご興味ある方はぜひご参加ください。




3/2 金曜 11時から14時


3/5 月曜 11時から14時


3/12 月曜 11時から14時








定員 各4名 masae.doumu@i.softbank.jpまで、お名前、所属、当日連絡のつく電話番号を明記の上メールでお申し込みください。 場所 大阪府柏原市
最寄り駅 近鉄大阪線 河内国分駅 住所は、参加の方に個別にお知らせします。 費用 童夢会員 3500円 会員外 6000円 当日お持ちください。

担当 童夢代表 中谷正恵

引っ越しの話しの続き.....
2018/01/30 04:44
おはようございます。
まーです。



なかなかブログアップできませんでした。(≧∇≦)



あきちゃんは引っ越し先の生活では崩れていませんが、慣れてきたころが危険!

最初は新しいことばかりなので、緊張感もあった(ここもどんな反応として出てくるかヒヤヒヤなんですが......)かなと思いますが、慣れてくるといろいろ細かなところが見えてきたり、刺激が足りなくなり自ら刺激になるような行動を起こします。




なので、見て見ぬ振りしながらチェックしてます。



いわゆる行動観察ね。



じっとみたり、あとを追い回すと、そこにまた反応するので、自然な流れのふりをしてチラ見してます。(笑)



なかなか疲れちゃいます。




さて、本題の引っ越しの話しに......


前回は、引っ越し日がわかるカレンダーを追加したことと、楽しく注目できる活動をいくつか予定にいれておいたことを書きました。



あと、荷物を入れたダンボールが徐々に増えてくるので、あきちゃんの動線には関係ない、私の部屋にダンボールを集めておきました。







いくつかのダンボールは、あきちゃんにも荷物詰めてもらったりして、イメージ付けしましたよ。



あきちゃんの場合は、体験して経験値のあるものしか、想像できませんからね。



引っ越し日の前夜までは、あきちゃんの生活の流れが出来るだけ崩れないようにあきちゃんが生活上使う物は出来る限り片付けませんでした。



そして、前夜は






我が家は案外荷物少ないかなーと思ってましたが、ダンボール30個使い切りました。(≧∇≦)


普通の量らしいです。(≧∇≦)




当日は、作業所おやすみして、引っ越し作業に参加してもらいました。(^ ^)




あきちゃんがいつも使ってる物、大切にしてるものを最小限置いておき、引っ越し業者さんに荷物を運び出してもらいました。










荷物が全部でたら、あきちゃんに自分の荷物を持ち出してもらい完了です。




今どんな状況で、これからどうなるのかを提示したiPadは、ずっと足元においてありました。





無事、荷物を運びだし、翌朝......













あきちゃんの安心出来る場所で、缶コーヒー眺め(笑)、いつもの動画みながらの歯磨きして、作業所に行きました。



変化したことの中でも、いつもと同じツールを手がかりに機能的な活動が時間経過の中にたくさんあることて、あ!これ知ってる!。あ!これわかる!が安心感につながっていたと思います。

















大きな崩れもなく、家事や余暇、運動などの活動を一つ一つこなしては、こだわり活動をスケジュール上に挟み込んで新たな生活がスタートしました。




最後に、引っ越しの終わり!をあきちゃんに体感、体験してもらいました。



引っ越しした数日後に、元のお家の鍵を不動産屋さんに返却することにしてました。引っ越し日と鍵の返却日に3日のタイムラグを作ったのはわざとです。


荷物を運びだしたあとの元家の状況の確認をあきちゃんがしたくなるかもと思ったので、対応できるようにです。

ま、結果的には一度も要求はでませんでした。



鍵返却の日は、少し早めにいき掃除から







業者さんには、説明してご協力いただけるとのことで、鍵をいれる終わりと書いた封筒を持っていただき、写真撮影もさせていただきました。




あきちゃんから、業者さんに鍵を返しててもらいました。

業者さんがもつ終わりと書いた封筒に、あきちゃんのが鍵をいれて、終わり儀式終了!





写真撮影させていただいたのは、後々あきちゃんから、元家に入りたい!と要求があったときに、部屋の鍵はおじさんに渡してます、お母さんは鍵無いからお部屋に入れません。を伝えるためです。


記憶から思考に展開して、勘違い思い違いになって、コミュニケーションが成り立たない、意味理解ができなくなるのを防ぐためにです。



引っ越し後一度も元家に行きたい!という要求はあきちゃんからはありません。


やれやれ、引っ越しの中で私があきちゃんにサポートしたことわかりましたか?




日常で視覚的支援をふんだんに使っているので、あきちゃんも情報のピックアップがとても上手で助かります。
視覚、体験から記憶すること、時系列がなかなかうまく整理できないこと、そして変化が苦手なこと(初めてのこと、新しいことには不安感があること、経験値ないからわからないために、不安になるんでしょうね)などの、障害特性にそって、大きな環境の変化もあきちゃんにとって負荷がかかりすぎないようにと精一杯考えてサポートしました。



引っ越しして、1ヶ月過ぎてそろそろ次の課題に着手です。


小さなパターン崩しをやることと、新しいスキルを身につけてもらいます。(^ ^)??



おまけ


引っ越し直前に行ったイルミネーションバス。(^ ^)


乗り物大好きなあきちゃんにはぴったりな余暇でした!

今年は新しい環境で
2018/01/11 05:56
明けましておめでとうございます。


新年のご挨拶大変遅くなりました。(≧∀≦)



年末に引っ越しを済ませて、年末年始の休みは引っ越しの片付け、あきちゃんに新しい環境での取り組みと日々の支援の微調整をしていました。



さて、引っ越しのことを今日は少し書きたいと思います。







あきの場合は、障害特性により、見通し支援、コミュニケーション支援、あとは活動保障が軸になります。



見通しについては、いつ何があるの?そこをわかりやすく情報提供しました。

わかりやすくっていうのは、受け止めやすくってとこもキーポイントです。


基本的には、変化が苦手な人たちですが、この部分については、様々なやり方で日常的に変化を体感してもらうような取り組みを私はしています。



ディリースケジュール上で、変更、ドタキャンをワザと仕掛けておくのです。


食事のときに毎回出てくるものを空容器を用意しておき、要求がでたときに空容器をみせて、代替え案を複数提案して、いつも選ぶもの以外の選択肢から選び要求してもらう



大好きな活動予定をドタキャンして小さな楽しみを手がかりに過ごす、などなど。(笑)



もちろん、本人は最初はかなり怒ったり、凹んだりしますが、様子みながら、そのあとに手にはいる強化子をスケジュールにいれておき、そこに注目してもらうと、舌打ち程度のガス抜きで済むようになりました。


なので、引っ越し2週間前くらいに、引っ越しディのカウントダウン用カレンダーを別に作成して、本人に見せてトラジションに置いておきました。








あきちゃんは引っ越し体験は2回目。

1回目はお父さんの家から、私との生活に移行させたときに経験してますが、この時は少しずつ生活する時間を増やすやり方で最終的に母の家の時間を軸になるようにしましたが、行き来することはなくなりませんでした。



今回は今まで住んでいたとこは引き払ってしまうわけですから、はじめての経験となります。




一応カレンダー提示はしましたが、あまり意味がよくわからなかったようで注目度は低かったです。

注目が高く不安になったときを想定して、いつものカレンダーには、お楽しみをふんだんにいれておきました。



ルミナリエいったり、クリスマスはあきちゃんオーダーの料理やケーキにしたり、もちろんトークン使って欲しいものを選択、買う場所を選択してもらいながら過ごしていました。



日常の中で支援ツールを使い、変化を体験してもらうことは、実はとても大切なことですよね。



以前使っていた紙媒体のカレンダーとディリースケジュール






こんな風に変化を見せて、自分でみながらチェックしながら行動におきかえてもらいます。










人生って変化は付き物、本人がパニックになるから、嫌がるからと本人に合わせてばかりのスケジュールは.......


もちろん、ハードルは少しずつです。


いきなり大きな打撃与えてスケジュール見れなくなったら困りますからね。(≧∀≦)




引っ越し支援の話しは長くなりそうなので、また次のブログに続くとしておきますね。



今日はあきちゃん初のショートステイ利用です。


私はスケジュールとお風呂手順を用意しました。





缶チューハイタイムも許可が降りたので、スケジュールに入ってます。(笑)





お風呂手順はこんな感じ





だいたいは理解できてますが、たまに変な行動とるので、確認するためにね。


身体洗い、頭洗いは活動のスタートのキューがあればルーティンでできるので、キューをスケジュールに入れてます。


さてさて、どうなるかな......

楽しみでもあり、不安もあり。




障害特性に沿った個別サポートはしっかり取り組んでくださる法人なので、何かあっても冷静に話し合って解決はできます。ここが私には一番安心できるし、譲りたくない部分なので。(^^)



お正月の余暇活動。

あまりに楽しく遊べたのでアップしておきます。


アイスクリームタワー


PECSも、もちろんしっかり取り組んでいきますが、脱力系の活動や室内や外出時の余暇を広げていくことにも力を注いで行きたいと思ってます。




2 / 146
←prev next→