まーさんのブログ
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Others


まーがコーチングを受けている宇野ひろみさんのメルマガはここから登録できます。(^-^)/
ヨガのコーチを目指すなら!ここ!
見に来てくれてありがとう!
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
今年は新しい環境で
2018/01/11 05:56
明けましておめでとうございます。


新年のご挨拶大変遅くなりました。(≧∀≦)



年末に引っ越しを済ませて、年末年始の休みは引っ越しの片付け、あきちゃんに新しい環境での取り組みと日々の支援の微調整をしていました。



さて、引っ越しのことを今日は少し書きたいと思います。







あきの場合は、障害特性により、見通し支援、コミュニケーション支援、あとは活動保障が軸になります。



見通しについては、いつ何があるの?そこをわかりやすく情報提供しました。

わかりやすくっていうのは、受け止めやすくってとこもキーポイントです。


基本的には、変化が苦手な人たちですが、この部分については、様々なやり方で日常的に変化を体感してもらうような取り組みを私はしています。



ディリースケジュール上で、変更、ドタキャンをワザと仕掛けておくのです。


食事のときに毎回出てくるものを空容器を用意しておき、要求がでたときに空容器をみせて、代替え案を複数提案して、いつも選ぶもの以外の選択肢から選び要求してもらう



大好きな活動予定をドタキャンして小さな楽しみを手がかりに過ごす、などなど。(笑)



もちろん、本人は最初はかなり怒ったり、凹んだりしますが、様子みながら、そのあとに手にはいる強化子をスケジュールにいれておき、そこに注目してもらうと、舌打ち程度のガス抜きで済むようになりました。


なので、引っ越し2週間前くらいに、引っ越しディのカウントダウン用カレンダーを別に作成して、本人に見せてトラジションに置いておきました。








あきちゃんは引っ越し体験は2回目。

1回目はお父さんの家から、私との生活に移行させたときに経験してますが、この時は少しずつ生活する時間を増やすやり方で最終的に母の家の時間を軸になるようにしましたが、行き来することはなくなりませんでした。



今回は今まで住んでいたとこは引き払ってしまうわけですから、はじめての経験となります。




一応カレンダー提示はしましたが、あまり意味がよくわからなかったようで注目度は低かったです。

注目が高く不安になったときを想定して、いつものカレンダーには、お楽しみをふんだんにいれておきました。



ルミナリエいったり、クリスマスはあきちゃんオーダーの料理やケーキにしたり、もちろんトークン使って欲しいものを選択、買う場所を選択してもらいながら過ごしていました。



日常の中で支援ツールを使い、変化を体験してもらうことは、実はとても大切なことですよね。



以前使っていた紙媒体のカレンダーとディリースケジュール






こんな風に変化を見せて、自分でみながらチェックしながら行動におきかえてもらいます。










人生って変化は付き物、本人がパニックになるから、嫌がるからと本人に合わせてばかりのスケジュールは.......


もちろん、ハードルは少しずつです。


いきなり大きな打撃与えてスケジュール見れなくなったら困りますからね。(≧∀≦)




引っ越し支援の話しは長くなりそうなので、また次のブログに続くとしておきますね。



今日はあきちゃん初のショートステイ利用です。


私はスケジュールとお風呂手順を用意しました。





缶チューハイタイムも許可が降りたので、スケジュールに入ってます。(笑)





お風呂手順はこんな感じ





だいたいは理解できてますが、たまに変な行動とるので、確認するためにね。


身体洗い、頭洗いは活動のスタートのキューがあればルーティンでできるので、キューをスケジュールに入れてます。


さてさて、どうなるかな......

楽しみでもあり、不安もあり。




障害特性に沿った個別サポートはしっかり取り組んでくださる法人なので、何かあっても冷静に話し合って解決はできます。ここが私には一番安心できるし、譲りたくない部分なので。(^^)



お正月の余暇活動。

あまりに楽しく遊べたのでアップしておきます。


アイスクリームタワー


PECSも、もちろんしっかり取り組んでいきますが、脱力系の活動や室内や外出時の余暇を広げていくことにも力を注いで行きたいと思ってます。




Comment










この記事のトラックバックURL

http://dou-mu.jugem.jp/trackback/735

この記事に対するトラックバック