まーさんのブログ
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Others


まーがコーチングを受けている宇野ひろみさんのメルマガはここから登録できます。(^-^)/
ヨガのコーチを目指すなら!ここ!
見に来てくれてありがとう!
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
PECSについて思うこと
2017/09/23 04:29
おはようございます。(^^)

まーです。



昨夜は眠くて眠くて早くに寝たら、朝早くに目が覚めてしまいました。(笑)



あきちゃんスヤスヤ寝てるので、自分の部屋でポケーとしてます。



お供はこちら





今朝は紅茶にしました。
今お気に入りの炭酸水と琥珀糖と月の雫の塩。
このお塩、後味が甘いの。(^^)
たまに、すこーしだけ口の中にいれます。



さて、今週末から来週にかけて


岡山高槻でお話するのと、京都で開催されるPECS祭りに動画参加させていただきます。



すべて、あきちゃんの暮らしの中でのコミュニケーションの話しです。



うちのあきちゃん、様々な困難性がかなりある人です。

でもね、2014年の春に私が生活支援にPECSを導入して、ピラミッド教育コンサルタントオブジャパンの講座に通い応用行動分析を学びはじめてから、たくさんの成長をみせてくれています。


感覚の課題や、自閉症としてのこだわりのきつさから、様々なことに脅迫的になり生活がままならないこともたくさん経験してきましたが、やっと一般的な生活へと変化してきたかなと思ってます。



PECSと言えば、みなさんは何を思い浮かべますか?






あ、絵カードつかってやるのよねー!

重い障害ある子供たちが要求するのよねー


そんな感じかな.......




でね、これ、あたりでもあるし、そうじゃないんだなーって感じでもあるんです。



意思決定は人として、その人の人生を左右する大切な活動です。



これを読んでくださってる皆さんはどうですか?


自分のすべてが、他者に決められてしまうとなると......


無いですよね、そんなの。


もちろん、時間的に、経済的に、そして立場的に制約はあるでしょう。


いつでも好き勝手できる人なんていませんからね。



それでもね、自分に与えられた環境の中で、自分は今はこれ!って選び、自分に与えてることありますよね?



今私が紅茶を飲み、琥珀糖やお塩口にいれてるように。(笑)



人生は意思決定の連続で、選んで経験して、あ、違った!もあるし、環境が変わったり、与えられた持ち場で嫌だししぶしぶだけど経験したら、案外楽しかったり。


体調や気分でのらなかったり、拒否したりね。



実はあたりまえにしてますが、意思決定するための様々なスキルを身につけてもらうために順序だてて生活の中で指導できるのがPECSなんですよ。


自分の言いたいことが伝わる。

コミュニケーションが広く深くなると、新たな物、活動を手にいれるために、語彙が増えたり、文書が長くなったり、もちろん障害からくる混乱からわからなくなり違う語彙つかったり、文章がこんがらがったりもしますが、PECSでは、ご本人に受け入れやすい修正のやり方を使い、学び直しをその場でしてもらえます。


負担が少なく、学びが広がるって感じかな。



もう、こればかりは皆さんに、経験、体感してもらわないとわからないかなと思いますが。



PECSBOOKやアプリをもたせたら、勝手に広がるものではありません。


支援者側が教えていき、本人が学んだら自分で活用していきます。
暮らしの中でね。(^^)



あきちゃんの最新動画はこちら



あきちゃんは、28年間生きてきた中で自分であみだしたこだわりがいくつかあります。
そのこだわりで自らを守っていたんだと思いますが、生活し辛さにつながっているよねと心が痛かった私です。


その生きづらさにつながっていたこだわりを一つずつただ今解消中。



もちろん、交渉しながらね。(^^)

娘たちには、幸せな人生を謳歌してほしい。
その私の願いも叶えられるかなと思えるようになりました。



自発や応答性のコミュニケーションを手にしたあきちゃんと、親子でそれぞれの成長へと進みたいと思います。

まだ、28歳だからねー。
人生これからだしね!(^^)






わからないみたいだから、そっとしておこう、ではなくて、正しく起こして、主体的に有意義な人生を!が私のやり方です。(^^)



人として尊重し合える関係でありたいなと思います。

Comment










この記事のトラックバックURL

http://dou-mu.jugem.jp/trackback/723

この記事に対するトラックバック