まーさんのブログ
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Others


まーがコーチングを受けている宇野ひろみさんのメルマガはここから登録できます。(^-^)/
ヨガのコーチを目指すなら!ここ!
見に来てくれてありがとう!
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
香川県にいってきました!
2016/10/17 15:44
こんにちは!
まーです。(*^_^*)


昨日は香川県でTEACCHプログラム研究会の公開講座でお話させていただきました!








今回香川でお話させていただくきっかけになったのは

二月に開催された、ゆうの地域生活支援フォーラム「自分らしくありのままに暮らす」にご一緒に登壇させていただいたREIKOさんが、私の話しをもっと聞きたい!と思ってくださって、香川にきてくれる?とメールをくださったんです。



REIKOさんとは、かなり長いお付き合いで、私とあきちゃんのこともずっと見守ってくださってて、いいタイミングで素敵なアドバイスをいつもくださるんです。(*^_^*)
大切な大切な先輩お母さんです。


そのREIKOさんからの打診。
断る理由などあるわけもなく、お受けさせていただきました。(*^_^*)



あきの子育ては、いくつかの大きなハードルがありましたが、混乱しながらも学べる環境にあったこと、私自身が健康であったことから、一つずつ小石を拾い集めながら今日までやってきたように思います。



自閉症としてもかなり重く
知的障害も重く
そのうえ感覚の課題をたくさん持ってるので、実践を積み上げても積み上げても、ドミノ倒しのように一瞬で崩れ、また、学び直し実践を一から取り組むことを根気よく繰り返してきました。

昨日の公開講座レジュメ



無言語だけど、コミュニケーションは無限大!


〜PECSを用いた生活支援〜
中谷正恵


1、娘の紹介
中谷亜希 平成元年3月25日生まれ  27歳

知的障害を併せ持つ自閉症(最重度)
五感の感覚の課題あり

無言語、衣服、排泄、食、こだわりのエピソード満載


2、TEACCHプログラムとの出会い

そのときどきのエピソード  

ICFの考え方

親子でどう生きていきたいか、どう在りたいか

3、PECSとの出会い

ピラミッド教育アプローチ、PECSについて

4、PECSを用いた支援(動画)

5、これからの課題について

6、まとめ

動画もたくさんみていただきました。

最新動画はこちら


缶チューハイで乾杯してるシーンです。(笑)


日常生活の中で、様々な仕掛けをつくり自発コミュニケーションの指導をします。

偶発的にみせかけ自発表出するタイミング、文構成を教えたり、スケジュールにあわせて援助要求や、報告、情報提供、情報請求なども指導して、少しずつできるようになりました。
応答コミュニケーションに関しても私もあきもPECSを使うことにより、確実に意味理解しながらのコミュニケーションがとれるようになりました。


コミュニケーションは呼吸することと同じくらい生きていくために大切なことだとわたし自身は捉えています。


今回はPECSについての話しを軸にしてましたが、自発要求から始まり様々な般化を意識しながら広げていく中で、理解コミュニケーション、応答コミュニケーション、コメントまで広がり、いつでもどこでもだれとでものようなイメージで生活に落とし込み経験値をあげていき、自然な時間の中で本人が意味理解のあるコミュニケーションがとれるようになるわけです。


あきちゃんが幼少期の頃、今のあきちゃんの姿を私はイメージしてませんでした。


というか、イメージできない私自身があまりに貧相な感覚でしかなかったんだなと今は思えます。


障害をもつ人たちの暮らしに、明るいイメージはなかなか持てませんでした。


訓練は必要だと思いますが、毎日毎日訓練に明け暮れるのは楽しくないし、やりたいこと、楽しいことを生活にちりばめながら、少し頑張る、力を伸ばす、蓄えるそんな日常があって、半年、一年先には少し成長できた自分がいたらいいかなと思ってます。



もちろん、あきちゃんだけではなく、私自身も成長を諦めずにいたいと思います。


おひとり様1人旅なので、大好きなヒラヒラブラウスに、リンゴマークいっぱいキャリーバッグ。
もちろん、iPhone、iPadもカバンの中に!(*^_^*)






そして

朝ラン









大好きなREIKOさんちにも伺い


伽羅さん?(*´?`*)??





REIKOさんちの数々の支援











うふふ。
これ何かわかるかな。(*^_^*)





こんなところも





大どんでん返しのエピソードがあるノブハウス(*^_^*)





REIKOさんの家族それぞれがとってもハッピーで、あー羨ましい!幸せの達人はすごい!と素直に思えました!



愛すること、愛され上手なREIKOさん。





ランチはもちろんうどん県なので







セルフなので、高原先生にモデルサポートしていただきました。(笑)






たくさん知り合いの方も来てくださってて、お声かけてくださって嬉しかったです。


REIKOさん、安藤先生と!





コミュニケーションは呼吸と同じ。

生きていくためには必須です。


人生を楽しむために、自分を高めるために、自分を守るために、コミュニケーションする力は必要ですからね。


今のあなたの課題、目の前にいる子供の課題はなんですか?
ゴールはどこですか?


あきちゃんが自分で自分を守れるように、構造化のオーダーができるようになったり、自分のことを説明できるようになることをイメージしながら、今日のコミュニケーションにプラスアルファすることを見つけていきたいと思います。



香川でお会いした皆様ありがとうございました!


これからも私たち親子を見守っていてくださいね!(*^_^*)


REIKOさん、ほんとにほんとにありがとう(*^_^*)







Comment










この記事のトラックバックURL

http://dou-mu.jugem.jp/trackback/685

この記事に対するトラックバック